難しい回路計算で必要になります
オームの法則は勉強しました。 でも難解な回路の場合、この法則だけで全てを解くことは できません。 今回の「分圧・分流」を知ることでさらに難解な回路でも 計算の糸口が見つかるようになります。

「分圧と分流」の続きを読む…

images (1)

直流と交流を理解する

電工の筆記試験では回路計算で直流回路と交流回路がでます。
回路計算などを苦手にしている人の多くはこの直流と交流の違いを
理解していません。

違いや特性などを理解することで回路計算を得意科目にしましょう

「交流と直流」の続きを読む…

CV

 

送電線を思い出してください。
もし、電線に抵抗がなければ発電所で電気を作りそれを
遠く離れた場所に電力ロスがなく送ることができます。

しかし現実には電力ロスがないケーブルなどありません。
ですので発電所では電力ロス分も含め大目に電気を作ることになります。
この電力ロスが以前、学んだように熱となり逃げる分なのです。

この章ではこの電力ロスのもととなる電気抵抗について学びます
では電工2種ではどのように電気抵抗に関する問題が出題されるのでしょう?

「電線の電気抵抗」の続きを読む…

並列回路の合成抵抗を求めるときなど使います

回路計算、特に並列回路、直並列回路においては分数計算が
多用されます。

既にご存知の方はいいですが、自信のない方はここで解き方を
復習しておきましょう!

ここでは通分について復習します。

通分ですが分母の異なる2つ以上の分数を、その比(値)を変えることなく
それぞれの共通の分母に合わせること。

このことで分母が統一されるため分子を単純に足したり引いたりすることが
できるようになります。

「分数2 通分」の続きを読む…

基本的なことですが頻度の高い四則計算
足し算、引き算、掛け算、割り算の計算を、四則計算と呼びます。

また、

足し算をすることを加法
引き算をすることを減法
掛け算をすることを乗法
割り算をすることを除法

ともいいます。

基本的な計算ですがルールを知らないと簡単な計算ミスをします。
ここで復習し、つまらないミスを防ぎましょう!

「四則計算」の続きを読む…