キャリアプラン

キャリアプランとは、あなたが、あなた自身の将来の目標を決め
そして、その目標を達成するために、計画を立てることをいいます。

 

キャリアプランで重要なこと。
それは、まず、あなた自身の現在の立ち位置を把握し、その目標との
ギャップを見極め、その目標にたどり着くために何が足りないかを
冷静に見極めることが重要です。

 

では資格取得と職業選択を含めたキャリアプランについて話します。

 

あなたはなぜ資格取得を目指しているのでしょう?
就職に有利になるから? 転職になるから?

 

資格を取得することで差別化を図り、人材を雇う側からすると
より欲しい人材となります。

 

特に電気工事施工管理技士、電気工事士などは、自治体などの
公共事業入札においては “経営事項審査 (経審)”において会社の
技術力としての加点があり、会社に有利に働くことから転職などに
活かせる資格と言えます。

 

つまり資格を取得することで、より収入や立場を有利に
転職するため、すでに働いている方はその地位を上げる
ことにつながる。

転職を考えている方は、その転職を優位にすることができます。
転職はキャリアアップ、収入アップになること可能性が高く
資格はその助けに必ずなります。

収入アップはあなたの人生において大きな問題ですので充分
考えてゴールの設定を行う必要性がある。

 

キャリアプランニング手法

◎現在地の確認と情報の収集

キャリアプラン設定にあたっては、自分の現在地を把握し
どこを目指すかを決定する。

この作業は取りあえずの目指す場所でもよい。
上方修正はいつでも可能。

将来のキャリアを形成するための資格やスキルを得るための
情報を収集する。

 

◎自分のスキルと進むべき道を確認する

自分は何ができて何ができないのか、また自分はどういったスキルを持った           
人間なのかを確認する。

 

◎キャリアプランを描く

上記より、自分のやりたいこと、足りないこと、将来の目標を明確にする。

 

◎どのように行うかを考える

目標を達成するために、どのように進めば目標が達成できるか考える。

 

◎実際に行動を起こす=受験する資格の勉強を始める

実際に行動に移し、目標に近づけていきます。