あなたは初めての受験ですか?

他の国家試験を取得していますか?
私は技術系サラリーマンです。

国家試験は44個取得済みです。

最初に取得した資格がこの電工2種です。
この資格は、自信を私に与えてくれました。

電工2種取得の次の年に、電験3種を取得し転職にも役立ちました。

それぐらい、電気系資格取得を目指す人の登竜門であり重要な資格です。
電工2種は電気系資格の土台の部分、本当の基礎です。

 

電工は初めて電気の勉強を始めた方には、知らない言葉があったり
電気数学などあるので「いやだな~」と思う方もいるかも知れません。

でも、そこだけ見るのではなく、全体を見渡し体系立てて学ぶことで
試験日までに必ず合格圏まで実力をつけることができます。

学科など合格率だけ見れば簡単そうに見えます。

しかしここには前年度、または前回落ちて必勝を期してがんばって
合格した人、努力をせずに何となく受け不合格になった人など
色々な人が含まれています。

 

合格率はあくまで指標の1つです。
あなたが、試験までやることは実力をつけて合格するための
勉強をすることです。

ぜひ、頑張って合格を勝ち取りましょう!

「第二種電気工事士の合格率」の続きを読む…

以下は、第一種電気工事士の合格率です。

第一種電気工事士試験は、以前の試験制度では高圧電気工事技術者と
位置づけられています。

高圧電気工事技術者は、電験への近道で難易度は高かったといえます。
第一種電気工事士は、高圧電気工事技術者よりは難易度が低くなっています。

しかし電験3種を目指すには避けては通れない関門となります。
電工一種の計算問題、文章問題とも電験3種のA問題のよい練習となります。

ぜひ、合格を勝ち取りましょう!

「第一種電気工事士の合格率」の続きを読む…

370-70

 

電気工事士資格を持っていないのに家で配線をしたり。

よくある光景ですよね。

 

では、あなたはどういった作業が電気工事士を持っていないとできないのか?

どういった作業なら資格を必要としないかわかりますか?

「電気工事士になるとできること」の続きを読む…