以下は、第一種電気工事士の合格率です。

第一種電気工事士試験は、以前の試験制度では高圧電気工事技術者と
位置づけられています。

高圧電気工事技術者は、電験への近道で難易度は高かったといえます。
第一種電気工事士は、高圧電気工事技術者よりは難易度が低くなっています。

しかし電験3種を目指すには避けては通れない関門となります。
電工一種の計算問題、文章問題とも電験3種のA問題のよい練習となります。

ぜひ、合格を勝ち取りましょう!

「第一種電気工事士の合格率」の続きを読む…