筆記試験免除について

電気工事士試験ですが、ある一定の条件を満たすと

筆記試験の免除を受けることができます。

スポンサードリンク


まあ、私は資格マニアなのでもちろん、そんな
もったいないことはしません。

 

この筆記試験免除という制度は ” 電工一種” ” 電工二種”
ともにあります。

 

その免除の条件を下記に記載します。

 

電工2種 筆記免除条件

 

筆記試験免除の対象となる条件 免除申請時に必要な証明書類
前回(前年度)の第二種電気工事士筆記試験合格者 特に証明書類は必要なし。
高等学校、高等専門学校及び大学等において経済産業省令で定める電気工学の課程を修め卒業した人 筆記試験免除者用の申込書の証明書欄に学校長の証明が必要。
第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状取得者 「電気主任技術者免状」の複写
鉱山保安法第18条の規定による試験のうち、電気保安に関する事項を分掌する係員の試験に合格者 「合格証明書」又は「国家試験合格証」の複写
旧自家用電気工作物施設規則第24条第1項(ヘ)及び(ト)の規定により電気技術に関し相当の知識経験を有すると認定された人 「自家用電気工作物主任技術者技能認定証明書」又は「自家用電気工作物主任技術者技能認定書」の複写
旧電気事業主任技術者資格検定規則による電気事業主任技術者の有資格者 左記検定規則に基づく検定試験の合格者の場合は「合格証明書」、または「合格証書」の複写

左記検定規則による認定学校(旧制の大学、工業専門学校、工業学校等の電気科です。)の 卒業者の場合は「卒業証明書」、または「卒業証書」の複写

電工1種 筆記免除条件

 

筆記試験免除の対象となる条件 免除申請時に必要な証明書類
前回(前年度)の第一種電気工事士筆記試験に合格者 特に証明書類は必要ありません。
第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の交付者 「電気主任技術者免状」の複写
旧電気事業主任技術者資格検定規則による電気事業主任技術者の資格を有する人 左記検定規則に基づく検定試験の合格者にあっては「合格証明書」、または「合格証書」の複写

左記検定規則による認定学校(旧制の大学、工業専門学校、工業学校等)の 卒業者にあっては「卒業証明書」、または「卒業証書」の複写

※第一種電気工事士試験は学校卒業による筆記試験の免除はありません。

 

電工の試験だけで終わるなら筆記免除もいいでしょう。
しかし、電気工事士として働いていく、もしくはもっとスキルアップをしたい。

そう考えているならぜひ、筆記試験を受けるべきと考えます。

例えば、電工の後は2級と1級電気工事施工管理技士が待っていますし
その後には電験3種、2種、1種などもあります。

電工を逃げてそれら上位の資格を合格できるとは思えません。

もしあなたがキャリアアップやスキルアップを将来のために目指すのであれば
ぜひとも試験で筆記を受けましょう。

参考までに条件を書いてみました!

コメントを残す