電気工作物の種類と資格

電気の資格を取得しようとする場合に気になる部分ですが
どんな設備があり、あなたは何の資格取得を目指せば
いいのかを知りたいでしょう。
では、電気工作物の種類と資格概要について説明します。
スポンサードリンク


電気工作物の種類

電気工作物
電気工作物とは、電気を供給するための発電所、変電所、送配電線路を
はじめ、工場、ビル、住宅等の受電設備、屋内配線、電気使用設備など
の総称をいいます。

電気工作物の種類

1.一般用電気工作物とは、主に一般住宅や小規模な店舗、事業所などの
ように電気事業者から低圧(600ボルト以下)の電圧で受電している
場所等の電気工作物をいいます。

2.電気事業用電気工作物とは、電気事業者の発電所、変電所、送配電線路などの
電気工作物をいいます。

3.自家用電気工作物とは、一般用及び電気事業用以外の電気工作物、
すなわち工場やビルなどのように電気事業者から高圧以上の電圧で
受電している事業場等の電気工作物をいいます。

(4)事業用電気工作物とは、電気事業用及び自家用電気工作物の総称をいいます。

必要な資格

事業用電気工作物については保安の監督者として電気主任技術者を
選任しなければならない。

最大電力500キロワット未満の需要設備及び一般用電気工作物については
電気工事の作業に従事する者として電気工事士等の資格がなければ
ならないことが、電気事業法及び電気工事士法で定められております。
※需要設備とは受電設備、配線、負荷設備等の電気を使用する設備の総称。

電気工作物の種類と資格

 

電 気 工 作 物

電気を供給するための発電所、変電所、送配電線路をはじめ、工場、ビル、住宅などの受電設備、屋内配線、電気使用設備などの総称をいいます。

事 業 用 電 気 工 作 物

(電気事業用や自家用電気工作物の総称)

一般用電気工作物

一般住宅や小規模な店舗、事業所などの電圧600ボルト以下で受電する場所の配線や電気使用設備など

電気事業用

電気工作物

電気事業者の発電所、変電 所、送電線路、配電線路など

自 家 用 電 気 工 作 物

一般用及び電気事業用以外の電気工作物

(工場やビルなどのように、電気事業者から高圧以上の電圧で受電し ている事業場等の電気工作物)

工場等の需要設備以外の発電所、変電所など

需 要 設 備

最大電力

500キロワット以上のもの

最大電力

500キロワット未満のもの

コメントを残す