独学と講座

独学のメリット

費用が最小限に抑えられる
自分のペースで勉強することができる
自分の好きな時間や場所で勉強することができる

 

独学の場合、費用が安価ですむのはうれしいですね。試験に向けて
計画的に自分のペースでできるというがメリットです。
本さえあれば、場所も選ばず、すきま時間で勉強できます。

独学のデメリット

間違えても気付かない。誤った解釈で覚えてしまうリスクがある
分からないと思っても、調べるので時間がかかる
考えていたより難解と感じた際に簡単に諦めてしまう

独学は行きづまると、勉強自体を諦める傾向があるため電気の勉強、
特に計算問題を多少理解しているのであれば是非独学で行きましょう!

独学の試験までのスケジュールはあなたにかかっています。
自由であるがゆえに、”やるもサボる”もあなたしだい

意志の強さが合格への近道です!

あらかじめ知識がある人におススメ

気合を入れて参考書・問題集を揃えた!

でも本棚の肥やしになっていて諦めてしまう
という人が多いです。

難易度が高ければ高いほど、文章題より
計算問題にその傾向が見受けられます。

これは独学がいかに孤独な戦いであるかということが
言えます。

この孤独な戦いをやり抜く意思があるなら独学を
おススメします

講座利用のメリット

通学講座編

試験日まで計画的にカリキュラムを進められる
同じ資格取得を目指す仲間ができる
理解できないところを直接質問ができる

通信講座編

市販の教材よりポイントを絞った教材が用意されている
通学と違い教室まで通わなくてよいので場所を選ばず勉強できる
仕事の都合などで通学に通うことができなくても通信講座なら
空いた時間に勉強できる

講座利用のデメリット

通学講座編

教室まで通わなくてはいけない
時間的制約がある 仕事などで忙しいと行けない
独学、通信講座と比較し高価

通信講座編

通学と比較しモチベーション維持が難しい
通学に比べ質問に対する回答がリアルタイムでない
サボれてしまうため挫折する危険性がある

一発合格、最短合格を目指すなら

 

数学は苦手! 今まで電気の仕事したことがない!

就職や転職で電工を受ける。
そんな人におススメなのが講座を受講すること。

広い試験範囲を効率的に攻略するだけの経験と優秀な教材が
あなたを待っています。

電気工事士はあなたを更にキャリアアップさせる可能性
秘めています。

電工 → 電気工事施工管理技士 → 電気主任技術者(電験)

これら試験を攻略するにはしっかりとした基礎固めが重要!
ここは自己流ではなく基盤となる電気の知識を効率的
手に入れましょう!